外壁工事とコーキングや付帯部の数

外壁工事とコーキングや付帯部の数 住宅は長年住んでいるうちに外壁の表面が次第に劣化して来るものでリフォームとして外壁工事を行う場合があります。
ひび割れの状態や表面のモルタルの浮き、あるいはタイルの浮きの状況によってはサイジング貼りに変更する場合もあります。
工事も簡単で工期も短かく費用も安くあがります。
発電効率が屋根面よりは落ちますが実験的に壁面用の太陽光パネルも公共建物では使われて来ましたので、将来そういうものが出たらこれを施工するという方法もとれます。
サイジング貼りはパネルの継ぎ目には雨水が浸入しないように施工段階でコーキングを施します。
工事費用としてコーキングの項目に計上されている場合にはコーキングの箇所数とか総長さで計上される場合もあります。
その場合は本体部分と付帯部分に分けられ、サッシュ回りや笠木と手すりの接続部分、水切りの立ち上がり部分なども必要となります。
外壁工事のリフォームで塗装の場合も本体以外で付帯部と呼ばれているところは別に塗装を行います。
内容としては雨どいや水切り、幕板、雨戸や戸袋、設備の配管で露出のところとかシャッター、破風や鼻隠しその他があります。
複数の業者に見積もり依頼するとそこに計上されている付帯部の数も掴めます。

立地条件

立地条件 年に一度塗り替えることが望ましいと言われています。
建物は毎日雨や風、紫外線などの外的要因からダメージを受けています。
そのため数年ごとに塗り替えなどの外壁工事が必要となってしまうのですが、建物の立地条件や気候などによって耐用年数は大きく変わってしまいます。
外壁塗装はいわば建物の鎧や盾に当たるものなので、立地に合わせた塗料を選択することが重要になります。
たとえば海や川が近い場合には湿度が高いことが予想されるため防水性に優れた塗料が有用です。
また日当たりが良く、紫外線による影響が大きいと考えられるような立地では、紫外線に強い塗料や遮熱性が高い塗料を選ぶことで、外壁の劣化を遅らせること出来るので、外壁工 事をする間隔を延ばすことが出来たり、室内の温度上昇を少なくすることが出来るようになります。
また外壁工事でよくあるトラブルとして、近隣とのトラブルがあります。
一般的に業者が工事前に挨拶をしてくれますが、施行主からも一言挨拶をしておくだけで、その後の大きな近隣トラブルを防げることがあるので、挨拶をしておくといいでしょう。

pickup


オンライン 英会話

Last update:2019/6/13